2013年07月22日

痛みだけが日常なら 止まらぬ笑みはなんだろう

GRANRODEO FES 2013 ROUND GR

富士急二日目!
こっちはOCDのMM先行で自分で応募したやつ。
GR好きでOCD布教した友人殿誘って行ってきました。
行きのバスはそんな友人殿に軽く人生相談みたいなことしてた笑 
きいてくれてありがとう。

まさかのA-11ブロック前から5列目とかいう神懸かり的な席でした。
ほんっとね、アーティストさんの顔が見える。
ギターやベースを弾く手元が見える。周りがOCD先行で来てる人達っぽっくて、つまり女性が多くて視界も良好。
4組ごとにセトリと感想をば。

【OLDCODEX】
prayer
brace yourself
Meteor Train
#4
Rage on
flag on the hill
AWKWARD
Fool K

席についてYORKE.さんのペイントがある時点でトップバッター確定
OCDカタルリズム→GRCanDoなんて流れできたら面白いなぁとか思ってたのでちょっと残念
(楽器の準備的にあり得ないって分かってたけどw)
着席後から緊張で吐きそうで吐きそうで仕方なかった。
私が心配することじゃないけど、OCDのスタイルはやっぱり独特だから受け入れられるかな、盛り上がるかな、とか色々思ってたの半分。
予想外の近さそれもステージ全体を見通せる近さにどきまぎしてたのが半分。
普段のOCDのライブだと下手で安全に前を確保してみてるから、YORKE.さんがペイントしてる最中の姿ってライブ中実はちゃんと観たこと無いんだよね。
始まって、いきなりprayerで。brあce yourselfでMeteor Trainで。
あの会場で、あの晴天の元で#4って叫べたことがすごく気持ちよかった。
からのRage on 同じ会場にいたあまりOCDを知らない友人からは、「Freeの曲やった?」って聴かれるくらいにはなんというか、不安定さを感じはしたかな。
初めて生でやる曲ってこともあって、他の曲と比べると慣れが足りないなぁ、とか音ひきずられてるなぁ、とかは正直感じた。
それでも1番聴きたかった初生Rage onとてもよかった。
The Misfit Goはやらないと思ったけど、それでもやっぱりカタルリズムはくるのかなー
って思ってて、あえてそこを封印して媚びずに「音楽」を聴かせにきたOLDCODEXの姿勢すごく好き。
Ta_2さんの体全体を使ったリズムの刻み方も大好きだ。
あとすっごく。楽しそうに。本当に楽しそうに笑いながら歌うから。
こっちもすっごく楽しかった。あの近さだと目が合った気分になりますね(気のせい)
客席からステージの上へ「楽しいよ」って思いが届いてたらいいな。

4組を聴き終えた時、OCDのトップバッターって順番は妥当だなと思った。
音のクオリティがまだまだなんだなって。
単独ライブはもちろんだけど、これから沢山フェスに出てバンド自体も、ファンももっともっと一緒に成長していける伸びしろが沢山あるなって感じた。
単独ライブだと盲目になりがちだけど、フェスって他のバンドさんと比べて成長できる、みたいなそんなところも好き。
1年とか、2年とか、3年とか。そんな短期間じゃ無理かも知れないけど、いつか武道館だとか、ホールだとか。そんな場所でOCDが見れたらいいなって改めて強く感じました。

【妖精帝国】
狂気沈殿
絶望plantation
Baptize
Solitude
Astral Dogma
Patriot Anthem
空想メソロギヰ

初ライブでした。
一応最新アルバムは借りて予習はした。
聞き覚えのある曲がいくつかあってよかった。
そんでもって未来日記大好きなので空想空想メソロギヰはほんと楽しみにしてた。
最初のMCで「え、そういう感じか」って申し訳ないことにちょっとひいてしまった。
でも曲が進みMCも進むたびにゆい様めっちゃかわいい!!ってなりました。
臣民になる日も近いのかな!
特に「水分は十分に取るように」って優しいところとか
「分からぬ者は適当でよい!」とかぶっちゃけちゃうところとか好きです。
あの帽子が似合う人もなかなかいないよね。
あとメンバーの演奏が飛び抜けてた。ドラムの打数とかすごかったほんと。
OCDにはキーンてならなかった耳が妖精帝国の出番が終わったらすっかりいかれてて、音圧の凄さを感じた。1番演奏すげーって思って音楽に乗るのも忘れてギターやベースの手元に見入ってしまった。
あ、瀧田さんは別枠ですよ!!←
初めて妖精帝国の曲を聴いたのは、実は「イノセント・ヴィーナス」のNoble Roarでした。
結構前だよね。懐かしい。
そこから名前を聴く度に気になってはいたバンドだからいいきっかけになった。
近々アルバム漁りますのぜ。
ゆい様に罵られたいです!!

【Alice Nine】
閃光
RAINBOWS
shooting star
Daybreak
TUBASA.
Heart of gold
the beautiful name

まだ表記がアリス九號だった頃に聴いてた曲
RAINBOWSとthe beautiful nameどっちもすごく好きだったから聴けてよかった。
ただファンの方達のフリに圧倒されて4組の中で1番棒立ちで観てましたさーせんwww
こういう書き方はあまりよくないけれど、ヴィジュアル系のバンドファンさんの団結力というのはすごいねどうも。
私はこうみんなで一糸乱れず同じことをする、っていうのが苦手らしくて。
特にライブは好き勝手に感じたままに感じたように動けばそれで良いと思ってるから余計に。
ライブにおける「一体感」はすごく好きだから、その一体感をどう感じるか、どう形にするかって違いなんだろうなぁ。
演奏はやっぱりうまかった。声もきれいだったし。ボーカルと演奏のバランスすごくいいなぁって思いながら安心して聴けた。リズムとかも割と素直だったから乗りやすかったっていう意味合いでも。
これまたやっぱり楽しかった。
また最近の曲とか、聴いてみようかな。

【GRANRODEO】
GAMBiT
ROSE HIP-BULLET
SUPERNOVA
Can Do
偏愛の輪舞曲
恋のHEAT WAVE
Passion
CLACK STAR FLASH
恋音
愛のWarrior
Black Out
NO PLACE LIKE A STAGE
シャニムニ
delight song
Once&Forever
modern strange cowboy

1日目とのかぶらなさ!!
アルバムCLACK STAR FLASHからあんまりこなかったから、CLACK STAR FLASHは絶対来るでしょ。
NO PLACE LIKE A STAGEも来るでしょって予想通りですありがとうございます。
周りの人達はGRのライブ初めてって人も多くて。
2日連続で来てる人とか同じブロックに私くらいで逆に肩身狭かったwww
隣の方とかめっちゃ私の乗り方を参考にしてて申し訳なくなった…
GRの曲は結構前から聴いてたけどライブ自体は新参者なのでほんともうすみません。
恋音とPassionとBlack Outは生では初めて聴いたのかな。Passionほんと聴きたかったから嬉しかった…!!
シャニムニのコール&レスポンスも初めてだったのであれもあれで楽しかった!!

OCDもそうだけど、ご新規さんには割と不親切?なセットリストではあったのかな。
ご新規さんも遠慮せず好き勝手に楽しんでしまえばいいのにね。
私は初めて聴く曲でも乗りたければ乗るし乗りたくなければ乗らないから、あんまり周りは気にしないんだけど周り気にしてるなぁ、って感じの人が多かったから少し残念。
フェスなんて違うアーティストが集って、各々のファンが集ってるんだから知らない曲があって当たり前のなのにね。
会場に向かう道すがら平気で「○○すんのとかありえないよね」なんて言葉を大声で口にする人がいる。
まあそれもライブの醍醐味だけどさwww
そのバンドが好きだからって他のアーティストさんのファンにそれを求めるのは違うしな。
もっと言えば同じバンドが好きでも「ありえない」って言葉で同じバンドが好きなファンを区別すること自体があんまり好きではない。
「よろしくないよね」くらいが私が聞いててそうだよね、って頷ける範囲。
ライブの楽しみ方だって十人十色なんだから、最低限のマナー以外は好きにすればいいんだと思うけどなーなんて。
まあつまりライブは楽しまなきゃ損だよね!!

GRANRODEOはメンバー全員が1日目よりも更に楽しんでることが表情からすごく伝わって来た。きしょさんとか1日目よりだいぶ割り増しでかわいくリズム刻んでたものねw
きしょさんってこんな笑うんだ、ってくらいに最初から終わりまでずっと笑ってて。
下手側のスクリーンの方に走って来て、ド真ん前もド真ん前で立ち止まって歌ってくれた時改めて「あぁ、この人かっけーな」ってしみじみ思った。
周りの人がGRライブ初めてって方が多くて、そんな中5列目で隣の友人と心底楽しそうに飛んだり跳ねたりしてて目立ってたのかな、きしょさんと瀧田さんと目が合った気がした。(これまた気のせい)
瀧田さんなんか目が合ったと思った次の瞬間前に出て来てくれた気がした(気のせいすぎる)
初日は浴びれなかった放水もばっちり浴びれて楽しかったー!!
さんざん暴れた後の花火も昨日よりもっと綺麗に見えて。
ステージ上で座って満足そうな笑顔を浮かべて花火を見てるきしょさんの横顔がすごく印象に残ってます。
でもああもう終わっちゃうんだなぁ、って寂しさもあるよね。花火って。そこも好きだけど。
願わくば来年もまた一夏の思い出をたくさんの人と共有できますように。
次はアニサマ2日目のOCDとGR これまた楽しみ!
angelaさんも!!大好きなの!!楽しみっl!!

2日間参加されたRG,RBの皆さん、
GRANRODEO、OCD、妖精帝国、Alice Nineのメンバーとそれぞれのファンの皆さん、沢山のスタッフさん。
最高の夏の思い出をありがとうございました。
これに負けないような夏の思い出を作れるように頑張るよ!

GRANRODEO/delight song
posted by はいね at 19:53| Comment(0) | LIVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戯れた月日に面影残すなら こっぴどく灰になれ

GRANRODEO LIVE 2013 Y・W・F】

セットリスト
 1.Y・W・F
 2.欲望∞
 3.ケンゼンな本能
 4.チキン・ヒーロー
 5.CANNON★BALL
 6.ブランニューDAY
 7.サマーGT09
 8.恋のHEAT WAVE
 9.Urban Sweet
 10.愛すべきSTUPID
 11.RIMFIRE
 12.SEA OF STARS(アコースティック)
 13.偏愛の輪舞曲
 14.メズマライズ
 15.アウトサイダー
 16.modern strange cowboy
 17.Go For It!“styleEDGE”
アンコール
 18.NOT for SALE
 19.Can Do
ダブルアンコール
 20.Beautiful world

まずはファンクラブ先行の良席にも関わらず私を誘ってくれた友人へ感謝を。
次にフェイスタオル2本持ってるからって1本を貸してくださったお隣の素敵なRGへ感謝を。

行ってきました富士急ハイランド
富士山が山梨のほうにあるのは知ってた。
でもなんだか富士急は東京にあるもんだと思ってた。
遠い…そして移動にかかるまにー…
都会のほうから富士急に近づくにつれて山になっていくのを車窓から見てるのがすごく面白かったけど。
旅するの好きなんだろうな私は。

RAYやダンサーのおに…おねえさんを始め、
三味線や管楽器がほんとにかっこよくて。
三味線とベース、ドラムのセッションほんとにかっこよかった。
管楽器のファイアーブラーザーズの御三方もほんとにかっこよかった。
いやほんと、脚線美綺麗だなぁとかほわぁっとしてたらアコースティック前のMCで
「みんなついてます」って言われて女子として胸が痛かった。
私はかっこいい方の女子を目指しますね。

初めての野外ライブにどきどきの度合いがいつもより高くて。
いつ雨がふるんだよってくらいの灰色の空にハラハラしながら、キャミソール意外と寒いね水着の方達もっと寒いねとか思いながら3時間半、力の限り楽しみました。
1つ悔いを上げるとするなら、サマーGTで踊れなかったことかな。
私は予習というものを全くしない人間なんだよね。なんかそのお上りさん的な感じも楽しみの要素に入れてる笑
来年頑張るね!

Dブロックの1番前だったから、通路が広くてすごく飛びやすかった。
そのかわりビデオカメラを持ったお姉さんが立ち止まるスポットになっちゃってね、きっと…写ってるんだろうな…何に使うんですかね…
曲に関しては今まで生で聴いたことのなかったケンゼンと熱波とスチューピッドに星海のアコースティックとかが聴けて。
その上にNOT for SALEでもうありがとうございます。

IGPXのコールの時「ろ組じゃない人ー!」って言われた時はどきっとしたけど。
周りはそりゃあもうろ組の人ばっかりだったので。
あぁでも周りの人が叫んでない状態で1人だけ叫ぶってのはなかなかに気分爽快だった。マホウの言葉は元気になるよね。いつにもまして叫んだけどいつにも増して気持ちよかった。

正直1日中、楽しくて楽しすぎて記憶が細切れなんだけど。
このライブが初めての野外でほんとうに良かった。
埼玉アリーナと大阪城ホールおめでとうございます。
埼玉アリーナには行きたいから頑張ってチケットを取るのです。頑張る。
初めてのデザインチケット大事に補完して時に見返しては今日に浸る。
ROUND GRについてはまた後ほど。

GRANRODEO/SEA OF STARS
posted by はいね at 13:07| Comment(0) | LIVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

僕は自由にもう飽きて 見えるモノも無くなった

凛として時雨 TOUR 2013 "Dear Perfect" ONEMAN LIVE at 日本武道館
~10th Tornado Anniversary~

行ってきました。

セットリスト
01.abnormalize
02.JPOP Xfile
03.MONSTER
04.Metamorphose
05.I was music
06.DISCO FLIGHT
07.O.F.T
08.make up syndrome
09.Filmsick Mystery
10.Sitai miss me
11.キミトオク
12.illusion is mine
13.Beautiful Circus
14.想像のSecurity
15.テレキャスターの真実
16.Telecastic fake show
17.Nakano kill you
18.am345
19.Missing ling 
encore無し

時雨のライブは1年半ぶり、とかかな?
まだライブで暴れることをなんとなく恥ずかしいと思ってた頃に行った東京国際フォーラム以来かな。
ちなみに武道館は2月のテナー以来。相変らず背筋の伸びる会場。
テナーも時雨も10周年なんだね今年。メジャーか否かって違いはあるけれど。

男女まちまち友達と来てる人もいれば、カップルで来てる人もいるし。
1人で来てる人も沢山いれば、その中には仕事帰りのサラリーマンもいる。
制服のミニスカが眩しい高校生もいるし、お子さん連れのママさんもいた。
色んな人がいるライブ会場はとても好き。
それだけそのバンドが幅広い人達に受け入れられてて、その中の1人に自分が入れる幸せが何倍にも増すから。

私にとって時雨はそんなに暴れるバンドじゃないらしい。
ライブで暴れることに恥ずかしさを覚えなくなってから初めての時雨のライブだったけど、今日も割と突っ立て聴いてた。
(コール&レスポンスとか曲の合間には叫んでたけど)
最初から最後まで鳥肌たっちゃって、暴れるどころの騒ぎじゃなくてただただ聴いてた。

私が前にライブに聴いた時の何十倍も進化してて、本当に驚いた。
安定感が増して、増したから更に音に厚みが出て。
たまに歌詞が聞こえなかったりしたけどそれまぁ武道館だからご愛嬌。
1人1人が凛として時雨とは別のところで音楽に触れた経験が、こんなにもバンドとしての完成度を変えるのかって。
勿論それだけじゃないだろうけど、やっぱりそこは大きかったのかな。

すっごいぶっちゃけるとね、チケットに書いてあったにもかかわらずピ様のMCでやっと初めての単独武道館っていうのを知ったんだ。
(いやなんかもうとっくにやってると思ってて)
そんな記念すべき場所に立ち会えてすごく幸せだった。
セットリストもアルバムツアー最終日と同時に、初単独武道館ってことで10年間が詰め込まれてた。
照明の使い方も最初から最後まですごく綺麗で。
武道館には何回か行ってるけど、あんなにキレイなミラーボールの使い方は初めてだったなぁ。

ばらばらな形のとがったガラス片で体中をえぐられる。
でも体をえぐったあとにガラス片は溶けて傷口から体の中にしみ込んで、
体の中にある膿とか澱みとかを浄化して、自分じゃどうにもできないような行き場の無い思いを解放していく。

凛として時雨っていうバンドの音楽は私にとってそんな感じの音かな。
厨二臭いとか言うなよごめん笑
時雨の音楽を聴いてると、ぐっさぐっさ来るところもあるんだけど、同時にすっきりするんだよねなんだか。他のバンドにはない感覚をくれる。

I was musicって曲の中に「いいよ おかしくなって」
っていう歌詞があるんだけど、おかしくなる自分を認めるのって意外と大変だったりする。
大変さを乗り越えて自分でそれを認めた時に、TKの声でそう歌われると全部許されたような気持ちになって無性に泣きたくなる。

今日の時雨は始まる前そわそわしなかったんだけど、かわりにライブの間に鳥肌たちっ放しだわ体は震え始めるわですごいことになってた。

アンコールってなんだかライブに行くと当たり前にあるものだと思いがちだけど、
アンコールできないくらいに全部の曲に全身全霊で、特に最後の曲にはありったけをこめて演奏する姿が大好き。
前に見たライブでは最後の曲息も絶え絶えだったけど、今日は全力を出し切ってるのを見ていても感じたけど、ほんと最後まで鳥肌が収まらなかった。

前回のライブでは次のライブに行きたい、って正直そこまで思えなかった。
でも今日はすごくまた次、時雨のライブに行きたいって思えてる。

今回まったく席位置を確認してなかったんだけど、2階席の東で。
ステージの真横で。e+の4次先行くらいで申し込んだのにステージ全体が横から全部見えるわ近いわで個人的には良席でした。
横からの景色はいつもと少し違って、エフェクターを踏むTKとみよちゃんがよく見えた。その踏み方がまたかっこいいんだ。
二人がそれぞれエフェクターを踏む度に、なんかちょっとずつ世界が切り替わっていく、そんな気がした。

10周年おめでとう、ありがとう。
TKの2回の「ありがとう」ってささやきが耳から離れなくて。
ピ様のいつもながらのMCと、ドラムソロも離れないし。
みよちゃんの「ここから、ここまでお客さんが来てくれて感無量です」って可愛さも離れないし。
ますます素敵なバンドになったなって感じた。
どこかの音楽雑誌で、「TKが『やめる』って言わない限り凛として時雨は続いていくと思います」みたいなことをみよちゃんが言ってた気がする。
願わくば、また武道館で時雨の音を聴けますよう。

言葉で言い表せないくらいなんだか今満たされてる。
幸せです。ありがとう。

凛として時雨/Telecastic fake show
posted by はいね at 00:16| Comment(0) | LIVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カウンター by  ペットカウンター - 動物画像の無料カウンター
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。