2013年06月29日

僕は自由にもう飽きて 見えるモノも無くなった

凛として時雨 TOUR 2013 "Dear Perfect" ONEMAN LIVE at 日本武道館
~10th Tornado Anniversary~

行ってきました。

セットリスト
01.abnormalize
02.JPOP Xfile
03.MONSTER
04.Metamorphose
05.I was music
06.DISCO FLIGHT
07.O.F.T
08.make up syndrome
09.Filmsick Mystery
10.Sitai miss me
11.キミトオク
12.illusion is mine
13.Beautiful Circus
14.想像のSecurity
15.テレキャスターの真実
16.Telecastic fake show
17.Nakano kill you
18.am345
19.Missing ling 
encore無し

時雨のライブは1年半ぶり、とかかな?
まだライブで暴れることをなんとなく恥ずかしいと思ってた頃に行った東京国際フォーラム以来かな。
ちなみに武道館は2月のテナー以来。相変らず背筋の伸びる会場。
テナーも時雨も10周年なんだね今年。メジャーか否かって違いはあるけれど。

男女まちまち友達と来てる人もいれば、カップルで来てる人もいるし。
1人で来てる人も沢山いれば、その中には仕事帰りのサラリーマンもいる。
制服のミニスカが眩しい高校生もいるし、お子さん連れのママさんもいた。
色んな人がいるライブ会場はとても好き。
それだけそのバンドが幅広い人達に受け入れられてて、その中の1人に自分が入れる幸せが何倍にも増すから。

私にとって時雨はそんなに暴れるバンドじゃないらしい。
ライブで暴れることに恥ずかしさを覚えなくなってから初めての時雨のライブだったけど、今日も割と突っ立て聴いてた。
(コール&レスポンスとか曲の合間には叫んでたけど)
最初から最後まで鳥肌たっちゃって、暴れるどころの騒ぎじゃなくてただただ聴いてた。

私が前にライブに聴いた時の何十倍も進化してて、本当に驚いた。
安定感が増して、増したから更に音に厚みが出て。
たまに歌詞が聞こえなかったりしたけどそれまぁ武道館だからご愛嬌。
1人1人が凛として時雨とは別のところで音楽に触れた経験が、こんなにもバンドとしての完成度を変えるのかって。
勿論それだけじゃないだろうけど、やっぱりそこは大きかったのかな。

すっごいぶっちゃけるとね、チケットに書いてあったにもかかわらずピ様のMCでやっと初めての単独武道館っていうのを知ったんだ。
(いやなんかもうとっくにやってると思ってて)
そんな記念すべき場所に立ち会えてすごく幸せだった。
セットリストもアルバムツアー最終日と同時に、初単独武道館ってことで10年間が詰め込まれてた。
照明の使い方も最初から最後まですごく綺麗で。
武道館には何回か行ってるけど、あんなにキレイなミラーボールの使い方は初めてだったなぁ。

ばらばらな形のとがったガラス片で体中をえぐられる。
でも体をえぐったあとにガラス片は溶けて傷口から体の中にしみ込んで、
体の中にある膿とか澱みとかを浄化して、自分じゃどうにもできないような行き場の無い思いを解放していく。

凛として時雨っていうバンドの音楽は私にとってそんな感じの音かな。
厨二臭いとか言うなよごめん笑
時雨の音楽を聴いてると、ぐっさぐっさ来るところもあるんだけど、同時にすっきりするんだよねなんだか。他のバンドにはない感覚をくれる。

I was musicって曲の中に「いいよ おかしくなって」
っていう歌詞があるんだけど、おかしくなる自分を認めるのって意外と大変だったりする。
大変さを乗り越えて自分でそれを認めた時に、TKの声でそう歌われると全部許されたような気持ちになって無性に泣きたくなる。

今日の時雨は始まる前そわそわしなかったんだけど、かわりにライブの間に鳥肌たちっ放しだわ体は震え始めるわですごいことになってた。

アンコールってなんだかライブに行くと当たり前にあるものだと思いがちだけど、
アンコールできないくらいに全部の曲に全身全霊で、特に最後の曲にはありったけをこめて演奏する姿が大好き。
前に見たライブでは最後の曲息も絶え絶えだったけど、今日は全力を出し切ってるのを見ていても感じたけど、ほんと最後まで鳥肌が収まらなかった。

前回のライブでは次のライブに行きたい、って正直そこまで思えなかった。
でも今日はすごくまた次、時雨のライブに行きたいって思えてる。

今回まったく席位置を確認してなかったんだけど、2階席の東で。
ステージの真横で。e+の4次先行くらいで申し込んだのにステージ全体が横から全部見えるわ近いわで個人的には良席でした。
横からの景色はいつもと少し違って、エフェクターを踏むTKとみよちゃんがよく見えた。その踏み方がまたかっこいいんだ。
二人がそれぞれエフェクターを踏む度に、なんかちょっとずつ世界が切り替わっていく、そんな気がした。

10周年おめでとう、ありがとう。
TKの2回の「ありがとう」ってささやきが耳から離れなくて。
ピ様のいつもながらのMCと、ドラムソロも離れないし。
みよちゃんの「ここから、ここまでお客さんが来てくれて感無量です」って可愛さも離れないし。
ますます素敵なバンドになったなって感じた。
どこかの音楽雑誌で、「TKが『やめる』って言わない限り凛として時雨は続いていくと思います」みたいなことをみよちゃんが言ってた気がする。
願わくば、また武道館で時雨の音を聴けますよう。

言葉で言い表せないくらいなんだか今満たされてる。
幸せです。ありがとう。

凛として時雨/Telecastic fake show
posted by はいね at 00:16| Comment(0) | LIVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

誰もが皆傷つかないで 上手く生きようと自分を守る

CONTRAST SILVER Tour FINAL 2013.06.23 Zepp Tokyo

セットリスト
01.mister Cohrent
02.カタルリズム
03.#4
04.Know orange
05.reject
06.The Misfit Go
07.Cold hands
08.Achromatic habit
09.brace yourself
10.Anocent
11.Night flight
12.Meteor Train
13.unfinished
14.Ignaite
15.sleppy seasiide hamlet
16.garden gate
17.Elephant over
18.美しい背骨
19.HEAVEN
20.kick out
21.Harsh Wind
22.flag on the hil
23.Sick of it
24.スクリプト

終わった後はレポ書くぞー!!って意気込んでたんだけど、
そんなに多くのことを書く必要はないのかな。

すごく、とてもとても楽しかった。

他のバンドと比べた時に、OLDCODEXってバンドが秀でてるものってなんだろう。
って考えながら返りの電車に乗ってた。

演奏はもっと上手い人達を知ってる。

ボーカルも全力で歌いきっても最後まで声を枯らすことのない人を知ってる。

MC、はバンドマンってみんなあんまり上手くないよね!あと下ネタに走る人多いよね!

みんなのおかげだよ、ありがとう。
っていうのも、私はどうもそういってくれる人達のライブに惹かれるらしくて、ライブに行くたびにメンバーの人達がしみじみと言ってくれる。

鈴木達央さんっていう声優さんも大好きだけど、
OLDCODEXは私にとってはあくまでバンドだから歌ってる人のもう1つの職業がどうとか、そういうのも思ったこと無いし。
そもそも最初OCDのボーカルと達央さんが同一人物だって気付かずになにこのバンド好き!!って言って聴いてたもんなぁ…それが2年くらい前だったかな。

なんだろう。熱量なのかな。
メンバーさんとかスタッフさんとかファンとか。
同じ場所で「みんなで」楽しもうっていうライブの空気感は他のライブ会場にはあんまりないかもしれない。
あと本気度が、伝わってくる。
全力でぶつかるんだ、楽しませるんだ、楽しむんだ、っていう気持ちがすごい伝わってくる。
他のライブだとこんなに目に見えて感じることはほとんどないから。

ほんとにすごいものに出会うと人間って「すごい」しか言えないもんだと思ってるんだけど、
同じ理屈でほんとに昨日は楽しかった。
思うところもさ、確かに何個も何個もあったんだけど。でも楽しかった。
筋肉痛がね、こんな心地よいバンドってOCDとテナーくらいなんだよね今の私にとっては。

Zeppツアーが発表されて、なんかやっとちゃんと頑張ろう、って思えたかもしれない。
私の中で曲げられないものが、ちゃんと見つかるといいんだけどね。
今まで楽してこなかった分、今凄く疲れて楽したいなーって思ってたんだけど。
もっともっと頑張ろうと思いました。
疲れた。楽したい。で辛いことを諦めたら、今まで頑張って頑張ってその上で感じて来た楽しさを越える楽しさなんて味わえるはずがないから、どんな結果が待ってようがとにかく目の前の1つ1つにもっと真剣になろうと思いました。頑張ることをやめないくらいしか取り柄がないんだ!すまん!

そういえば昨日新曲やるかな、ってちょっと期待してたんだけどやらなかったね。
ということでRage onをフリイベで聴けるからめっちゃ幸せですほんとああたまらん!!
最速ってことになる、のかな?ブックレットもめっちゃ楽しみ。

昨日のMCで1番ガツンと来たのは、YORKE.さんが どうしても赤い絵の具で表現したくて、自分の手首を切って絵を描いた。でも血の色ってそんな赤くないんだよね。今思えば、周りの人に頼れば良かったと思うんだけどさぁ。今は赤い絵の具が変えてちょーはっぴーだよ。
みたいなこと言ってたところ。
芸術の世界で飛び抜ける人っていうのはもうそれなしじゃ生きて行けない、って人なんだなって。
私も写真撮れなくなったり触ってないと落ち着かないし、具合悪くなるけど熱量のレベルが違うな。って思った。
でもやっぱり帰り道無性に写真が撮りたくなるのはOCDのライブだけだなぁ。
帰り道めっちゃ観覧車撮った。もっと人気のなくなったビーナスフォート撮っとけばよかったってすっごい後悔してる!!あぁもう!!

男性が徐々に増えて来ているのを感じていて、すごく嬉しい。
メンバー呼ぶ声にも野太い声が混じって来ててさ。
男女比5:5くらいのライブに行くことが多いから、OCDのライブに行く時ってちょっとその辺寂しいんだよね。7月から8月にかけてフェス3連だからそこでまた新たなファン層を開拓なさるのでしょう。来てる人達の雰囲気がどんな風に変わるのかなーとか今からZeppツアーのその辺りも楽しみ。

あぁあと、INORANさんがすごく綺麗な顔をした人でびっくりした。
指さばきも見れたし。ギターとかベースとかって上手い人の手元見てるのもすげーってなるけど、すっごい上手い人の手元見てると開いた口が塞がらなくなるよね。下手にいて良かった。
ちなみにで最前で口空けて瀧田さんの手元見てたらめっちゃにっこり笑いかけてもらったのだが初GRライブの思い出。

それにしても毎回毎回ライブの前に吐きそうになるくらい緊張するのやめたいwww
今回緊張で吐きそうってつぶやいたらフォロワーさんが駆けつけてくれたすみませんorz
ライブ前の落ち着きの無さには定評のある私です。こんにちは。
今後ライブへ一緒に行く方は面倒みてやってくださいすいみません。
次は金曜だよ武道館だよぼっちだよ私にとって時雨は落ち着いてみるバンドなんだけど武道館はだめだ緊張する…あそこの神聖感はんぱねっすよね…ぎりぎりに行こうと思います。

早くまたOCDのライブが見たい。次は7/21の富士急っす。野外でぶっ倒れないように頑張る。

最後に。昨日のFINALという時間を作り上げたメンバーさん、スタッフさん、お客さんありがとうございました。
ほんと、これしか言えないんだけど、楽しかったです。

OLDCODEX/美しい背骨
posted by はいね at 16:21| Comment(0) | LIVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月22日

弱ぶる君の為にこの歌を歌う

4/21 GRANRODEO「LIVE 2013 G8 ROCK☆SHOW」横浜アリーナ行ってきました。

初横浜アリーナにして2回目のGRライブってことでテンションがいつにも増して明後日の方向に。
アリーナBブロックのステージのド正面1番後ろにいました。
真横にステージの全体像撮ってるカメラさんがいてちょっとびびる。
1回目のGRライブってのはアルバム発売記念の無料招待ライブだったもので、
自分でチケット代を払ってライブに行く、という意味では昨日が初めて。

渋谷で友人達とご飯食べてから新横浜に向かったんだけど横浜、近くなったね。
東横線までたどり着くのは軽くダンジョンだったけど。
セーブポイントと脱出ポイント欲しいね。

20日の方のセットリスト見ながら、ぼんやりとこの曲が聴きたいなぁ、と思ってたのがこちら。

SUGAR
ブランニューDAY
ロンリーファイター
偏愛の輪舞曲
Y・W・F
Go For It!
愛のWarrior
NO PLACE LIKE A STAGE
Not fot SALE
modern strange cowboy

実際のセットリストがこちら

1.SEED BLASTER
2.カナリヤ
3.RIMFIRE
4.21st CENTURY LOVERS
5tRANCE
6.ブランニューDAY
7.DARK SHAME
8. 偏愛の輪舞曲
9.Y・W・F
10.Go For It!
11.Can do
12.HAPPY LIFE
13.希望の彼方へ(アコースティック)
14.愛のWarrior
15.Black Out
16.紫炎
17.NO PLACE LIKE A STAGE
18.シャニムニ
19.We wanna R&R SHOW
(アンコール)
20.SUPERNOVA
21.Not fot SALE
22.桜色第二ボタン
(ラストコール)
23.modern strange cowboy

ブランニューDAYとロンリーファイターは歌うならどっちかだろうなと思ってたから
聴きたい曲を全部聴けたと言っても過言ではないね何この曲運
桜色が終わった後にmsc聴きたいよーって隣の友人に叫んで曲が始まった時の私の心境をお分かりいただけるだろうか…

最近シャッフルにも関わらずやたらiPhoneさんがSEED BLASTER推してくるから初っぱなからテンション上がりまくりでな。
ずっとオレンジのサイリウムぶんぶんしてました。
してましたらばサイリウムさんすっぽ抜けてふっとんでいきました…
力が無いから吹っ飛び方もひょろひょろしてて前列の席に落ちただけだったからほんと良かった…
真守さんのライブでサイリウムふっとばした友人には、笑ってごめんと謝っておいたよ。

偏愛の輪舞曲が私は本当に好きらしくて。
アコーディオンの音色が大好きでな。変調も大好物でな。そしてあの歌詞な。
からのY・W・Fな。この2曲のつながりがほんとたまらん。
終始夢心地だったけどこの2曲のつながりはほんと最高潮に幸せだった。

私がGRを知ったきっかけというのは、大学の友人らと初めてカラオケに行った時。
誰かが歌った慟哭の雨のせい。
その前に咎狗見てOPカッコいいなと思ってヘビロテしてたけど、
慟哭の雨を聴いて次の日にはTSUTAYAに駆け込んで一通りアルバム借りて、そこから。
なんだかんだ聴き始めてまだ3年しか経ってないんだよなぁ…
もっと前から知ってるような気がするけど、そもそも私が声優さんに詳しくなったのは大学からである。
それまではなんというか純粋に?アニメ見てたな。
今も今で純粋に?アニメ見てるつもりだけど笑

私にとってのGRというのは、色んなバンドのライブに行く中の1つ、って感じ。
声優さんとしての谷山紀章さんという人を、実は私はあまり好きではないので。
好きではない、というか好きなキャラがいない、というか。
キャラと声優さんを重ねて好きにはならないけど、声優さんを好きになる入り口としてまずはその人が演じているキャラを好きになる。
それから声優さんのことを色々しって声優さん自身を好きになる。
これが私のパターンなので、紀章さんはそういう意味での好きではない。
あ、でもプリンセスアーサーのガウェインは素敵だった。可愛かった。

GRANRODEOというバンドが好きなのだなと改めて思う。
GRの曲聴いてうたプリの曲なんかを聴くと、そういえばこの人声優さんか、みたいな。

IGPXのくだりで就活の話が来たときは隣の友人共々胸が痛かった笑
やれるだけやります!それでだめだったらしょうがないね!どうにかします!
ライブ行ければ私は生きて行ける!

IGPXのくだりで隣のRBの声が私の叫びより高かったときなんかちょっと泣きたくなりました…
声?枯れてねーよ?地声だよ?
腹いせじゃないけどアンコールの時に1人2役しました。
RBに混じってもなんの違和感もなかったぜ…ふふふ…←

ワンマンライブで3時間半の長丁場っていうのは実は初体験で。
最初の3曲くらいですでに汗かき始めてて、アンコールの頃には腕はあがらん足は動かんそれでも必死にサイリウムを降る手を変えながら最後まで楽しんだ。
楽しみすぎて家に帰ったらキャミソールが裂けまくってびっくりしました。
どれだけ暴れたんだよ自分…

ライブ後のふわふわしたテンションで友人と居酒屋に行き、
初めてカエルさんを食したよ。いつもしないことをしてみたい、なんだかそんな気分で笑

アーティストさん、声優さん、芸能人
例えばライブではステージの上に立っている人は、会場にいる観客全員と知り合いじゃない。
でも会場にいる観客はステージに経っている人のことを知っていて、その人に心を動かされる。
知らない人を感動させたり勇気を与えたり。
表現者という仕事はなんて素晴らしいものなんだろう、って少し憧れる。
写真を誉められるとどうしようもなく嬉しいのは、私がそういう人達に感謝するだけじゃなくてどこかで自分もそうなりたいって憧れる気持ちがあるからなんだろう。
せめて表現者の人達の心を少しだけでお動かせたら、ってそう思って次からは手紙くらいちゃんと書いてみようかな、なんて。

内蔵は人様より荒れ果ててるけど。
GRANRODEOってバントの音を聴く耳と、姿を見る目と、場を楽しむ肢体が満足にあるってなんて幸せなんだろうって。
そんなことを思うくらいに好きなバンドのライブに行けました。こんなに幸せなことはない。

7月の富士急もつい勢いで申し込んでしまった。
OCDのメンバーズ先行だけどね。2日目のフェス当たればいいな。
欲を言えば1日目も行きたいけど。就職活動が終わってたら行きそうな自分が怖いね?
というかもっと前で見たいなって思ってうっかりFCに入りそうな自分が怖いね?
瀧田さんもっと前で見たいです。昨日ずっと瀧田さん瀧田さん言ってたのは私。

好きなものを感じられる日常って素敵だ。

GRANRODEO/ブランニューDAY
posted by はいね at 19:40| Comment(0) | LIVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カウンター by  ペットカウンター - 動物画像の無料カウンター
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。